ios-personmd-notifications md-help-circle

Profile

  • Guest
    medal 0
  • Posts: 21
  • Post Likes: 3764

Notifications

  • No Unread Notifications

League
【PRも兼ねて...】全日本F1000選手権 紹介

angle-double-left ios-arrow-back 1 ios-arrow-forward angle-double-right
medal 5730
24 days ago (Last edited by Da Shimody 10 days ago)

All-Nippon F1000 Championship

MTWTFSS at 13:00
50% race distance igp-car 2 cars per team 2.0x race speed
RookieProElite
Teams151115
Reputation511051575439
See league


iGP Managerで活躍されているチーム監督の皆さん、こんにちは!
去年の冬に立ち上げたばかりのリーグ「All-Nippon F1000 Championship」の管理人・DaShimodyです。
当リーグは、エキサイティングなレース・シーズンを楽しんでもらおう!という考えのもと、上位ドライバーへのハンデや、使用できるタイヤの縛りなどの独自レギュレーションを作っています。

このルールによって,毎シーズン白熱したタイトル争いが繰り広げられ、時には普段は表彰台と無縁だったチームの逆転劇なども起き、おかげさまでエリートリーグはフルグリッドの16チームが集まるほどまで成長しました。

900x494
900x494
↑ シーズン10のタイトル争いをグラフ化。ランキングトップがものすごい頻度で入れ替わりながら最終戦までもつれ込む様子がわかる。さらにこのシーズンは、ランキングトップの2チームが同ポイントで終えるほどの激戦に!

とはいえ、プロリーグはいまだに寂しい状態が続いているため、引き続き参戦チームを募集したいと思いまして、このような投稿をさせていただきました。エリートリーグとプロリーグが両方活性化し、昇格・降格も含めて盛り上がることが、リーグ全体にとって理想的だと考えるため、ぜひともプロリーグ参戦チームも増やしていきたいと考えています。



【独自レギュレーションを作った経緯】
iGP Managerは、リアルなプレイヤー同士で戦えるため、非常に奥が深くて楽しいゲームです。
しかしながら、プレイヤーが様々な工夫・努力をしても優勝・入賞・チャンピオンにはずっと届かないような、まるでメルセデスに弄ばれているレッドブルのような(レッドブルファンの皆さん、ごめんなさい!)、ゲームバランスの悪さが存在するのも事実です。

それを乗り越えてこその勝利に価値があるという考えがある一方で、やはりモチベーションが長くは続かないなんてこともあるわけで、そうした問題に一石を投じる意味で、独自レギュレーションを持つリーグを立ち上げるに至りました。

「シーズン終了までバチバチのタイトル争いをしたい!」
「表彰台に乗れても優勝はずっと出来ないまま...。たまには自分にも勝たせてよ!」
「ずっと勝ってばっかりだとつまらない!ハンデを持った状態で表彰台に乗れるかチャレンジしてみたい」
「ビックリするような戦略で逆転入賞を狙いたい!」
「あまりにトップチームとの差が大きすぎて気を失いそうになった」

などなど思う方には楽しめるかもしれません。




【F1000独自レギュレーション・本文】

①レースごとに主催者が指定したタイヤのみを両方使用してください。指定タイヤはそれぞれのレース前までに主催者が指定します。ただし、レース中にウェットコンディションとなった場合、当ルールは適用されません。

②「前回のレースで上位3位以内、またはドライバーズランキング3位以内」のドライバーは、次回のレースにて以下のハンデを課します。
1. 予選をハードタイヤで通過すること。なお、予選・決勝スタート時に使ったタイヤは指定タイヤにはカウントされません。ただし、レース中にウェットコンディションとなった場合、当ルールは適用されません.
2. スタート後2周以内にピットストップを行うこと。
※開幕戦ではこのルールは適用されません

③ 第8戦終了時点で、チームポイント数が首位の25%以下(端数は切り上げ)のチームは、①②のルールが免除されます。
※第8戦以降に新規参加したチームに関しても対象とします。

④ 上記ルールを守らなかったドライバーは、次回のレースで、②のルールを適用することとします。
※前レースで3位以内に入った場合、ペナルティは2戦後のレースに対して適用することとします。
※たまたまログインが出来ず、戦略未設定でレースを終えた場合、ノーポイントであれば不問とします。

⑤ 以下のプレイヤーに関しては、主催者判断でリーグ退会措置をとる場合があります。
1, 1週間以上ログインしていない場合
2, 上記ルールやマナーを遵守せず、悪質な場合

※なお独自ルールを運用するのは、エリートリーグ/プロリーグのみとします。
※レギュレーションで不明な点がありましたら、DaShimodyまでメッセージを送っていただくか、F1000リーグ掲示板で質問してください。

↑シーズン開始前にこのような指定タイヤ表を発表しますので、レースごとに指定されたタイヤのみを両方使ってレースをしてください。
※レース中に1度でもウェットコンディションとなった場合は指定タイヤの適用はされません。自由にタイヤを選択できるようになります。
※レギュレーション③項により、指定タイヤの制限を免除されるチームもあります



【レギュレーション②項のスタートルールについて】
900x485
レギュレーション②項によって、ハードタイヤスタートするときは、スタートで使ったハードタイヤは指定タイヤにはカウントされません。


900x486
レギュレーション②の1にあるウェットコンディションのレースにおける扱いについてです。レース中、一度でも路面が濡れた場合(=ウェットコンディションとなった場合)、ハードタイヤスタートをする必要はなく、スタート後2周以内のピットストップのみを行うこととなります。なお、ウェットコンディションになった場合は指定タイヤのルールは適用されません。



【その他…】
・F1000リーグ掲示板は連絡に使いますが、プレイヤー間の交流に使っていただくのは大いにOKです。特に「F1ニュース記事風の投稿」や「チームのプレスリリース風の投稿」といったロールプレイング的な遊びは大歓迎です。自チームに愛着を持ち、F1000のレースの世界を盛り上げていただければと思います!(ただし他プレイヤーへの敬意は忘れずに)

・F1000のレースは、F1の予選・決勝と被りやすい時間帯になります。そのため、F1の予選・決勝とバッティングするレースに関しては、F1000のレースを月曜日まで延期するようにしております。「F1観たいけどiGPの方がタイトル争いが懸かってるから外せない...」なんて経験があった方もいらっしゃるでしょうが、F1000ではその心配はありません!

・リーグ参加時に自動送信で案内メッセージが届くほか、レギュレーションの送信、ペナルティなどの個別連絡にiGP内のメッセージを使います。メッセージ受信設定をONにしたうえで、管理人から届くメッセージは必ずご確認いただくようお願いいたします。

・(日本語が分からないプレイヤー向けです) This league is run by Japanese. It is highly desirable that you can understand Japanese as the original regulations of the league are written in Japanese.
md-quotelink
angle-double-left ios-arrow-back 1 ios-arrow-forward angle-double-right

You must be logged in to post a reply.