ios-personmd-notifications md-help-circle

Profile

  • Guest
    medal 0
  • Posts: 21
  • Post Likes: 3764

Notifications

  • No Unread Notifications

Open
日本語向けのiGPフォーラム

angle-double-left ios-arrow-back 1 2 ios-arrow-forward angle-double-right
medal 6097
47 days ago
話はガラリと変わりますが、一・二年ほど前は、
『イギリス19』と『イギリス09』の二つのサーキットが存在したと思います。現在『イギリス』で一つのみですが、なぜなくなったのでしょうか?
どうでもいい話ですが、情報くださると幸いです。
md-quotelink
medal 5709
46 days ago
元々イギリス09が唯一「イギリス」だったのですが、その後フィニッシュラインとレイアウトが変わった2019以降のコースとして「イギリス19」が追加されてしばらくの間「イギリス09」と「イギリス19」が混在していました。その後旧レイアウトの「イギリス09」が廃止され、「イギリス19」が晴れて「イギリス」として残りました。
ちなみに、以前は1シーズンのカレンダーがiGPによって固定されていて、1シーズン20戦だったものが1シーズン15戦に減少した際、当時実際のF1で開催されていなかったヨーロッパ(バレンシア)とトルコが一時的に外れました。その後リーグ管理者が1シーズンの開催数と開催日程を編集できる機能が実装され、ヨーロッパとトルコも復活しました。
私がiGPを始めた2019年2月当時には、まだロシア、アメリカ、メキシコ、アゼルバイジャンは存在していませんでした。いずれは実際のF1同様、また新たなグランプリが追加されるかもしれませんね。
md-quotelink
medal 6097
46 days ago
ご回答いただきありがとうございます。
現実世界でコース変更されたことでiGP Managerでも新コースが追加され、混在していたのですね。
今では唯一、3Dで見れなかったコースになってしまいましたね。
最近でのF1では、新コースで開催されることが多くなっていますね。
NakanoさんがおっしゃったようにiGP Managerでも更にコースが追加されるかもしれませんね笑
もしかすると数年後にはラスベガスGPも...
md-quotelink
medal 5819
46 days ago
DRSが未だにどこで発動するか分からない😅ブーストは何となく分かるんですが。
md-quotelink
medal 5709
43 days ago
コロナ禍で復活を果たしたイモラサーキットなんかも、追加されたら嬉しいですねえ。
md-quotelink
medal 5819
42 days ago (Last edited by Hiroyuki Kose 42 days ago)
昨晩の最終戦でエリートクラスチャンピオンになった外国の方からアドバイスをいただいたのですが、Google 翻訳で日本語に変換するも今ひとつ理解が出来なくて😅DRSとブースト、タイヤ温度のアドバイスらしいのですが取り敢えず原文と翻訳文貼っておきます。
—以下、ペースト—
Hi all, been a pleasure racing with you all, but moving on this season. Thought I’d leave some hints which some may not know. 
Keeping your cars together to use drs is vital. I tend to drop the push level of the leading car down a level once it’s in front, allowing the 2nd car to stay in drs range. On tracks with long drs zones it’s worth about 1 - 1.2 secs per lap.

皆さん、こんにちは。皆さんと一緒にレースを楽しみましたが、今シーズンは進んでいます。知らない人もいるかもしれないヒントをいくつか残そうと思いました。
Drsを使用するために車をまとめることが不可欠です。前の車に入ると、先頭の車のプッシュレベルをレベルに落とす傾向があり、2台目の車がdrsの範囲にとどまるようにします。Drsゾーンが長いトラックでは、1周あたり約1〜2.2秒の価値があります。

Cont. 
Be aware of your tyre temps. Sounds obvious, but with no refuelling if you have to use a higher push level to keep your tyres warm you will run out of fuel by the end. Mexico is especially hard to judge for this reason. I’ve had to 5 stop there for the last couple of seasons

コント。
タイヤの温度に注意してください。明らかに聞こえますが、タイヤを暖かく保つためにより高いプッシュレベルを使用する必要がある場合、給油なしでは、最後に燃料が不足します。このため、メキシコは特に判断が難しい。ここ数シーズン、私はそこに5回立ち寄らなければならなかった

Finally, 
It is better to use 3% boost to make sure you get drs than to have to use 15% boost to get back into range further down the line. 
Good luck all. Have a good season

最後に、
ラインのさらに下の範囲に戻るために15%のブーストを使用するよりも、drsを取得するために3%のブーストを使用することをお勧めします。
みんながんばってね。良いシーズンをお過ごしください
—以上、ペースト—
md-quotelink
medal 6097
41 days ago
3つ目のアドバイスについて、私も理解できませんでしたが、それ以外で原文をなぞる形になりますが、私なりに要約してみました。
1つ目のDRSについてのアドバイスですが、自チームが所有している車2台は、お互いに1秒圏内で走行するということだと思います。そうすれば、お互いDRSを使用しあえるのでタイムが少し縮むということだと思います。
私は、レース前半はいわゆる『トレイン』にして走行させてます。
2つ目のタイヤ温度についてですが、プッシュレベルが『中』の状態で、タイヤが冷えてしまうサーキットでの注意をお話しされてるかと思います。タイヤが冷えてしまった時、プッシュレベルを高く設定されると思いますが、その分、燃料も通常より多く消費してしまって完走できなくなるということだと思います。その例題としてメキシコGPが挙げられているかと思います。
長文失礼しました。
md-quotelink
medal 5819
41 days ago
ご回答ありがとうございます。今日が新シーズン開幕戦なので助かりました。
md-quotelink
medal 6097
32 days ago
数日前、無給油の場合で、燃料の入れ方について投稿したと思いますが、当時、必要最低限の燃料+1Lと書き込みました。
しかし最近では、+3Lの方が速いのではないかと思いました。投稿して後に判明しましたのが、レース距離が50%以下だと+2L、75%以上だと3Lの方が、ゴールした際、丁度良く燃料を使い切れることが分かりました。
これによって、完走率の上昇に加え、より速いペースでマシンを扱うことができるのです。
私のチームで研究したことなので、参考程度にどうぞ。
md-quotelink
medal 5819
32 days ago
貴重な情報ありがとうございます😀DRSの利用のしかたとブーストの使い方やサーキットごとの燃料消費量等、色々な要素があってハマってます。
md-quotelink
medal 5819
25 days ago (Last edited by Hiroyuki Kose 24 days ago)
記録として残します。
車高はドライバーの身長によって増減します。

アメリカGP サスはナチュラル。
エリート
ウィング8。車高12

プロ
ウイング4。車高6

ルーキー
ウイング2。車高3

結果
ドライバーレベルは9、11
フリー走行4、6
予選3、4
決勝
トップ3はレベル的にも強敵なので、奇襲を狙いソフト、ハードの2ストップ。
結果、4、6位。


md-quotelink
medal 5819
24 days ago
オーストリアGP
サスペンションはハード。
エリート
車高18、ウイング5
プロ
車高9、ウイング3
ルーキー
車高4、ウイング2
md-quotelink
medal 5819
19 days ago
ご存じの方も多いとは思いますが、
サーキットごとの基準となるドライ路面の基本セッティングです。
(自分が参考にしているiGPフォーラムで公開されている画像の転載です)
ドライバーのレベルによって基本セッティングの数値は増減します。
特にRide(車高)はドライバーの身長によって増減の差が大きいです。
例えば、身長が高いドライバーは基本セッティングの数値より車高が低い数値になります。

手探りでベストセッティングを探っている方は、
フリー走行で、基本セッティングの数値を参考にして、
ドライバーのベストセッティングを探ってください。
重要なのは、ベストセッティングの数値プラス、マイナスの数値です。
プラス、マイナスの数値は原則サーキットごとに変わることはありません。
例えば日本GP。
サスはソフト、ドライバーは基本セッティング23に対し-4の19の場合、
シーズン中は基本セッティングの数値から-4で通用します。

因みにウェット路面は、車高もウイングもプラスに転じますのでご注意を。
チームドライバーの基本セッティングを一発で出せますので、
限りあるフリー走行は、タイヤセットに集中出来ます。

長文失礼しました。

参照元
https://igpmanager.com/forum-thread/45862

md-quotelink
medal 5819
18 days ago
ドライビングテクニックの「才能」はトレーニングで上昇しません。
才能の数値が低いドライバーをトレーニングで引き上げても、レース結果には中々結びつきません。
その条件はルーキー、プロ、エリートの順でドライバーレベルの高さで厳しくなります。
自分が参戦しているリーグの、エリートのトップクラス陣は、
ドライビングテクニック、メンタル、身体能力オール20。男性の体重51kg 、女性46kg です。
ルーキーデビューの方は、ドライビングテクニックの「才能」が高いドライバーとの契約をお薦めします。
交渉(オークション)でドライバーを獲得する場合も「才能」を重視してください。
但し、交渉で獲得するドライバーは契約金や給料が高い傾向があります。

自社のユースアカデミーで、スカウトすればコストは抑えられます。
md-quotelink
medal 5819
17 days ago
ドクターは契約するドライバーのトレーニングが必要な時だけ、
レベルの高いドクターとの契約をお薦めします。
ドライバーが目的の数値に達したら、安いドクターとの契約をする事で、
資金を確保する事が出来ます。
md-quotelink
medal 5819
1 day ago
iGP Managerからアップデートの情報があったので掲載します。
翻訳は怪しいので悪しからず😅

16日正午 (GMT) 多分、日本時間だと16日の21時頃に、摩耗に対するタイヤのパフォーマンスのバランスを改善するアップデートを展開します。古いバランスに対するフィードバックと批判に耳を傾け、タイヤの挙動が大幅に変更されました。

アップデートの目標:
戦略の幅を広げ、ワンストップ戦略を弱体化。
オーバーカットとアンダーカットのバランスを改善。
アンダーカットやオーバーカットを防ぐために、マネージャーがライバルの戦略に注意を払う必要があります。

タイヤのパフォーマンス寿命の現実性を向上させます。
タイヤが 20% の状態を超えて競争力のある走行をするのを防ぎます。
タイヤの劣化がペースにどのように影響するかについての現実感を高めます。
実際のモータースポーツ データを使用してバランスを取り、
レースに参加してバランスの微調整を手伝ってくれたコミュニティのあらゆる部門の多数のマネージャーと協議して改良しました。

技術的な詳細:
○タイヤは 100% から 75% の状態で新品のように機能します。
○75% から 50% の状態への漸進的なパフォーマンスの低下。
○約 50% の状態でパフォーマンス発揮の崖っぷち。
○タイヤは約35%の状態で競争力がなくなります。

以上です。
md-quotelink
angle-double-left ios-arrow-back 1 2 ios-arrow-forward angle-double-right

You must be logged in to post a reply.